<2017>アイビスサマーダッシュ、クイーンS予想

どうも、お久しぶりです

ここしばらくの間競馬から離れていました プロキオンS名鉄杯が行われた2回中京競馬場に行きましたがそれだけですね

その時の収支はまぁ大幅なマイナスでした 1つ3連複フォーメーションで2万5000ぐらいの馬券を仕留めましたがその1つしか当たらなかったという...()

少し雑談させていただくと実は私、pogというのをはじめました...ウマジンの方で10頭指名させていただきました このサイトのpogが特殊で面白かったのでまぁ楽しませていただいております 10頭中2頭出走して1頭は新馬で勝ち上がりもう1頭は新馬僅差の2着とそこそこな成績ですね 正直この10頭の中にpog期間に2勝できる馬が何頭いるかなぁぐらいでガチガチで勝ちにいてるわけではないです 指名した10頭はブログの締めに書かせていただきます

では予想の方にいきますか 

まずはアイビスサマーダッシュから

◎⑨ネロ・・・千直適正は明らかにいいですし実力は重賞級です 前走のシルクロードSは斤量にしては少々不可解な負けでしたがこの舞台なら巻き返しが期待できます 58kgも正直このメンツならあまり苦にならないと思います 

〇⑭レジーナフォルテ・・・前走1000万下を勝っての格上挑戦となりますが2歳戦では千直を2歳レコードで勝った(確か)ということからこのコースに対する適性がかなりあると思い対抗評価 千直で有利とされる外枠という面もよく古馬相手も克服 相手が強くなりますが千直適正で何とかしてほしいです

▲①ナリタスターワン・・・こちらは最内枠ですが条件戦を勝ってきた内容が個人的に千直向きだと思い爆発するのではないかと思い一発の意味を込めての▲です CBC賞は好メンバーのなか6着としっかり結果も残しており枠だけで嫌われるなら狙ってみてもいいかなぁと思いました

以下△は千直での安定感がある⑦シンボリディスコ、昨秋の千直のOP特別を快勝した④ラインスピリット

買い目

馬連⑨→⑭①⑦④⑯

3連単⑨→⑭①⑦④→⑭①⑦④⑯③⑫

次はクイーンSの予想です

◎⑫アドマイヤリード・・・VM1着からここに来る馬って珍しいですよね 初めてかな?(調べるのめんどくさいので調べてません) VMの勝ちタイムは平凡でしたが逆に言えば力のいる馬場だったともとれるのでそれがこなせれば札幌のこの舞台もこなせると思いました なんか芝丈がなんとかって話が出てますがもし時計が出やすくてもなんとかしてくれると信じてます

〇⑬エテルナミノル・・・格上挑戦となりますが春先での牝馬限定戦の重賞でもそこそこの走りを見せており前走は準OP2着と敗れたものの勝ち馬はシルバーステート シルバーステートの勝ち時計はコースレコードでそれと1馬身半差ならここでもいい走りを見せてくれるのではないかと思いました(勝ち馬が超楽勝だったとかいうのは抜きで) 洋芝は去年函館で惨敗してますが前述のように芝丈が云々というのがありますしもしかしたらの意味も込めての対抗です (もし例年通りの時計なら頑張れとしか)

▲②アエロリット・・・〇が時計勝負での馬ということならこの馬も印をつけないといけませんよね NHKマイルは着差以上の圧勝だったのは言わずもがなでその勝ち時計も1.32.3と時計が出やすかった馬場にしてもけっこう優秀なのではと思います 初めての古馬が相手となりますが函館SS桜花賞でこちらよりも着順が下だった馬が勝っているようにその点も問題ないと思います

以下△は前走マーメイドS勝ちの⑥マキシマムドパリ、前走北斗特別で優秀な時計だった⑧クロコスミア

買い目

馬連⑫→⑬②⑥⑧

3連単⑫→⑬②⑥⑧→⑬②⑥⑧④⑩

以上で予想は終わりとなります

 

これからはpog指名馬の血統背景について少し語ります

今回の指名で重視したのは芝砂兼用できそうな馬 というところです 

そしてこれは友人と決めたルールなのですが、クラブ馬は一口5万以下(なぜ募集金額で決めなかった)&母は現役時代JRAで2勝未満でJRAに所属していた馬のみというルールです(未出走馬は指名できない) 指名馬の中で1頭だけそのルール関係なしに指名できるというのも決めました そして今回選択したウマジンというサイトでのpogでそのルールはコストという馬につけられた評価額(MAX100)みたいなものがありそれが500を超えないように指名するというルールです 指名できる馬は10頭までとこんな感じでした 

まずは1頭目

アイガー(牡) (父マンハッタンカフェ母インコンパス母父Sadler's Wells

愛の指名 兄にクラウンディバイダ(現4歳1000万下)という自分の好きな馬がいるという理由だけでの指名 1勝でもしてくれたらうれしいです

2頭目

ナハストーン(牡) (父キングカメハメハ母ザグレース母父ディープインパクト

シルクが所有 母父ディープインパクトの時代が来てしまったかという感じ キングカメハメハ産駒ということで芝砂どちらかには適性があり砂替わりとかにも期待が持てそうなので指名 血統はしっかりしてるので2勝してくれると嬉しいです

3頭目

ロジピエナ(牝) (父ロジユニヴァース母ピエナエポナ母父キングカメハメハ

初年度産駒から何かを指名しようということで指名された当馬 あまり期待はしてないが大爆発してくれると嬉しい 砂向きかなぁ

4頭目

シンデレラ(牝) (父ハーツクライ母イソノスワロー母父デヒア

祖母にイソノルーブルがいるという... 兄姉の成績がそこそこよく1勝はしてくれると思い指名 ハーツクライ産駒なのでフローラSとかで穴をあけてくれることを期待してる

5頭目

ターフェルムジーク(牝) (父ノヴェリスト母アルメーリヒ母父ネオユニヴァース

姉にアルメリアブルームがおりかなり期待している 本来は6月の阪神デビュー予定だったが調教バテとセレクトセール前でノヴェリスト産駒の評価を落とすまいとデビューが延期になったらしい 血統的に少し奥手なところがあるので古馬からかもしれない

6頭目

アドマイヤラックの15(牡) (父ルーラーシップ母アドマイヤラック母父アドマイヤムーン

名前いつつくのだろう

7頭目

コンキスタドール(牡) (父ルーラーシップ母レーゲンボーゲン母父フレンチデピュティ

姉にアニメイトバイオ兄にレインボーラインと活躍馬がいる当馬 スタミナタイプの馬が兄姉に多いのでルラシは合うだろうし芝砂両方で走れそう 2勝はしてほしい

8頭目

アドマイヤセレブ(牝) (父ロードカナロア母アドマイヤオウカ母父シンボリクリスエス

兄にアドマイヤキズナがいる血統 ロードカナロアとスタミナ血統でどうなるかは謎だが1勝は堅いと思っている

9頭目

クアトレフォイル(牡) (父ルーラーシップ母シャムローグ母父ディープインパクト

新馬戦で2着だったが内容は非常によかった 普通にいけば2勝はしてくれそうでうまくいけば重賞も見えた

10頭目

アーデルワイゼ(牝) (父エイシンフラッシュ母アーデルハイト母父アグネスタキオン

新馬戦で1着 内容もよかったが鞍上は減量騎手でこれからは定量戦で厳しいところもあるだろうが血統背景はしっかりしている 上にロッテンマイヤーがいる

 

 

【2017】日本ダービー予想

どうもお久しぶりです

今回はダービーの予想ということですがとりあえず信憑性0の自慢から話させてもらいます VMオークスちゃっかり当てちゃいました VMは3連複をがっちり頂戴しましたがオークスはミヤビの複勝だけ...単複と2点だけという買い方でしたが相手をモズリスグラソウルと完全に絞り切れていたので本当に馬券が下手くそだと実感しました...

まぁ話はここまでにしてダービーの予想に参りましょうか

今週からCコース&芝刈りということで高速時計が予想されます 皐月賞も高速決着で決まりましたが1~3着がマイル重賞実績があったので2F延長となる今回はそのまま信頼していいものなのかどうかというところが焦点でしょうか また、別路線組からもメディアで強力と取り上げられてきた2頭がいるのでこいつらの扱いも難しくなってます

では各馬短評からです

①ダンビュライト 武豊

前走皐月賞は豊マジックと言ってもいいほどの完璧な騎乗でした 最後の直線で勝ち馬に少々の不利を受けましたがそれでも着は変わっていなかったでしょう 距離は2400も持ちそうですしちょうドスローの弥生賞3着から高速馬場だった皐月賞3着と前述した豊マジックがあったにしても明らかに高速馬場向きです そして今回はダービーで一番馬券に絡んでいる1番枠 揉まれるといけない馬だけにあまり歓迎ではないですが再度の豊マジックも予想でき軽視はできない存在です

アメリカズカップ 松若

2歳の時から注目していた馬ですが2400mは調教師が言っているようにさすがに長いかなぁと思います 鞍上がダービー初騎乗の松若ということで少し早仕掛けしてしまう可能性もあり展開には影響を与える存在となるかもしれません 

③マイスタイル 横山典弘

馬というよりはノリさんがぽつんか大逃げどっちをするかが気になります 人気もなく実力ではどうにもならないと思うので先述のようにどちらかの手にでるでしょう

④スワーヴリチャード 四位

東京で抜群の成績を誇っており前走の皐月賞は明らかに右回り&小回りが影響したかのような負け方 共同通信杯で積極的な競馬をして圧勝したりと戦術に幅があり2400も歓迎のクチなのでここで逆転もあると思います

⑤クリンチャー 藤岡佑介

前走皐月賞では外枠ということで思うようなポジションをとれず4角でいっぱいいっぱいという形だったが盛り返し4着とかなり強い競馬 馬場が助けたという見方もあるがダービーも似たような馬場になると思いさらに前走よりも枠が内で競馬がしやすいと思います ズブい面があり鞍上は少し大変になると思いますが距離が延びるのはよくすみれSを見るともっと伸びてもいいタイプだと思います 一応の不安材料は新馬戦完敗をした左回りという点ですが自分はあれは馬場の方が影響があったと考えているのでそこまで割り引く必要はないと思います

⑥サトノアーサー 川田

これまで大外を回しての競馬しかしてこなかった同馬 まず、その競馬で重賞未勝利という点で騒がれてたほどの絶対能力はないと判断しています そして休み明けとなる今回はやはりどうしても割引が必要 さらにいうとこれまで大外分回ししかしてこなかった馬なのでもまれてどうなのかというのがやはり気になります 川田も2年連続完璧な騎乗ができないと勝手な判断をさせていただき不安材料の払しょくまでは至らないとして当記事では”絶対に来ない馬”として扱わせていただきます(これできたら本当に恥ずかしいやつ)

アルアイン 松山

皆さんご存知の通り皐月賞馬です その皐月賞では道中完璧な位置につけてやや他を邪魔しましたが圧勝でした そしてその馬がダービー挑戦となります 母は短距離で活躍していた馬で距離不安が囁かれていますが2000mまでと思っていたマカヒキが去年ダービーにはそんなん関係ないという形で勝ちました ペースは去年とは全然違うものとなりますがそのマカヒキよりは操縦性があり勝負根性もあるのでそこまで気にする必要はないと思います またシンザン記念では不利もあったのですが敗れたペルシアンナイトに皐月賞で逆転しているという成長力にも期待がかかります 一応の不安はやはり若い騎手ならではの早仕掛けですかね 少なくとも2400mはベストではないのでそれなりの騎乗をしないと話にならないと思います

⑧トラスト 丹内

ハナを奪ってあとはどこまでという感じでしょうね 多くは望めません

マイネルスフェーン 柴田大知

陣営が人気以上に来たら褒めてやってほしいというニュアンスのコメントを残してたのでそれ相応のデキなのだと思います

⑩ベストアプローチ 岩田

弥生賞ではダンビュライトと僅差の4着、青葉賞では2着とダービーへの切符を何とか獲得した同馬 前走はやや出遅れながら2着と強く、アドミラブルを簡単には抜かせない勝負根性を見せてくれました 東京2400は前走を見る限りベストという感じで相手なりに走る馬です 正直アドミラブルよりはこっちの方が可能性があると思います (ややネタバレですかね)

ペルシアンナイト 戸崎

前走皐月賞ではデムーロがここしかないという競馬をしての2着 そのデムーロがアドミラブルを選択したところを見るとあまり買いたくないのだが週中の雨の影響があり良馬場の高速馬場にしては平凡なタイムというときにはハービンジャー産駒がよく来るので血統背景で抑えてもいい1頭

⑫レイデオロ ルメール

前走は明らかにダービーを意識したレース運びで馬に無理をさせない競馬だったにもかかわらず5着と強い競馬だった 東京2400になるが距離不安はほとんどなく調子もおそらく完調 枠もギリギリなところで切りたくはない1頭

⑬カデナ 福永

う~ん、高速馬場向きではないですよね 能力も人気の割には高くないと思っているし1桁着順とれるかどうかというところでしょうか

ジョーストリクトリ 内田

完走頑張ってください

⑮ダイワキャグニー 北村宏司

前走のプリンシパルSで控える形の競馬で圧勝と強い競馬だった しかしいくら右回り&ペースが遅かったとはいえ弥生賞であそこまで負けた馬を買いたくはないですよね

⑯キョウヘイ 高倉

ヘイヘイヘイ

⑰ウインブライト 松岡

枠には完全に嫌われましたが能力は高い馬 皐月賞の時はまだ成長段階という形で今回が本番と勝手なイメージをしている ここから内にいれるのは困難だが松岡の勝負強い騎乗に期待したい

⑱アドミラブル デムーロ

前走青葉賞でレコード勝ちといかにも新星登場という感じでしたがコメントから察するに今回も後方から大外一気という感じな気がする そして先週のオークスのミヤビの騎乗を見るとどうしても大外を回してきそう そもそも青葉賞はそれほど強いと思わずどうも信頼できない こちらもサトノアーサーと同じ”絶対来ない馬”として取り扱いたい

◎⑦アルアイン

〇⑤クリンチャー

▲①ダンビュライト

△⑩ベストアプローチ、⑫レイデオロ、④スワーヴリチャード

買い目

印6頭の3連複BOX(もしかしたら⑪、⑰を足すかも)

 

最後に

絶対来ない馬として⑥と⑱をあげました もし両方馬券に絡みでもしたら羞恥心と馬券のセンスの無さに悶絶する日々を送ることになります 来週の安田記念の予想を羞恥心ゆえにあげれなくなるかもしれないので本命はレッドファルクスとだけお伝えします

 

【2017】NHKマイルC予想

どうも、今年のNHKマイルCですが1番人気がカラクレナイという正直謎のオッズに困惑しています

週明けでは自信の本命だった馬も鞍上が発表された時に全く自信がなくなってしまいましたし...今年は変に荒れるかもしれませんね

では予想にいきます

◎⑤プラチナヴォイス・・・前走の皐月10着多少なりとも不利があったようでそれがなければ掲示板はあったかもしれないなぁという内容 きさらぎ賞スプリングSといったんは完全に抜け出すもラチをたよってしまい差されるという同じ内容で実は右回りがあんまり合わないのではないかと思った 1800ベストだが2000よりは1600というタイプだと思うので今回は狙ってみたい しかし鞍上が初騎乗のユキトというのがどうも気に食わない 癖馬を初騎乗、それもG1で3着以内に持ってくることができるかと言われるとどうも自信が持てないですが今回は左回りを重視しての本命です

〇⑨タイセイスターリー・・・前走のNZTは先行した有力馬で唯一馬群に沈んでしまったが賞金が他より足りていたという点で余裕残しの仕上げだったと思う(結果抽選だったが)共同通信杯シンザン記念とそこそこにいい競馬をしておりこの2走を見るとそこまで崩れないんじゃないかと思った 鞍上の北村騎手は個人的にそこそこ考えて乗ってくれる騎手だと思うのでテン乗りでもそこまで割引材料はなくむしろいい点を引き出してくれると期待

▲⑧タイムトリップ・・・前走のNZTでは掲示板に挙がった馬で唯一後ろから差してきた馬で前々走のクロッカスSでもいい脚を使っていて差す競馬が完全に板についてきた印象 そのクロッカスSでは他より1kg重い斤量を背負っており今も成長段階 1F長い印象はあるが同じ印象を持つカラクレナイを買うよりはこちらのほうがいいし前走からの上積みもあると思いこちらを評価した

以下△に朝日杯2着の実績を持つ①モンドキャンノ、前走ペルシアンナイトに完敗もアーリントンCでいい決め手を使った⑮レッドアンシェル

 

買い目

3連複⑤→①⑧⑨⑮→①②⑥⑧⑨⑩⑭⑮⑯⑱(30点)

【2017】皐月賞予想 

どうも、桜花賞は予想は書いてませんでしたが一応当てました!

桜花賞当てたといってもリスグラシューの複とソウルスターリングとのワイドですけどね(笑) ソウルが頭で来る確率とリスグラシューが3着以内に来る確率は同じくらいだと踏んでいてそれで複勝ワイドこれだけつくならこっちでよくねってなってだったのでソウルスターリングを疑ってたわけではないです なにもすごくないですw

アドマイヤミヤビですが当初からオークスで買うつもりだったのでこの完敗で精神がやられていなければ予定通りオークスでぶち込みます この馬は世界でもいい勝負できると思っているのでオークスで10倍つくならおいしすぎます 

勝ち馬レーヌミノルはG1は勝てる馬だと持ってましたがスプリントで勝つと思っていたのでこれは全くの検討違いでした

では牝馬クラシックの話もここまでにして皐月賞の予想といきます

こちらは年明けから本命は決めていました 少しアクシデント(?)があったので不安はありますがこのオッズなら買いだなと思ってます 

本命はほぼほぼばらしましたが各馬短評にいきます 

①マイスタイル ノリ 57kg

弥生賞でスローの逃げをうってあわや勝つか?と思わせたが2着 これはノリのトライアル心理をうまく活かした騎乗が光ったと思いました 今回は本番、ハナを主張したい馬もいるので弥生賞みたいにうまくいくとは思えませんね あとどちらかというとマイラーな印象を受けます

②スワーヴリチャード 四位 57kg

共同通信杯の勝ち馬 その共同通信杯ではスタートが決まりしっかり前目につけた皐月を意識したレース運びで圧勝 少しメンバーが弱かったというのがあるがここでも見劣りはしなさそう 不安材料はやっぱりどう見ても左回りの馬なので右回りの小回りという中山コースへの適応とスタートか

③コマノインパルス 江田照男 57kg

京成杯の勝ち馬 前走の弥生賞では鞍上田辺が実力の差を感じたと話しており本番の今回はノーチャンスか

④カデナ 福永 57kg

弥生賞京都2歳Sの勝ち馬 前走はスローを後方から豪快に差し切る強い競馬 中山コースにも適性を見出しておりコースには問題なし 内枠よりは外枠が欲しかったのでうちで揉まれてどうかという点とこれまでがどれもスローの瞬発力勝負だったのでペースがこれまでとは全く異なるであろう今回でもしっかり対応できるかがポイント

⑤レイデオロ ルメール 57kg

今回のこのレースが年明け初戦となるこの馬 中山2000は2勝しておりホープフルも圧巻の走り 年明けはよほどのことがない限りこの馬とほとんどの人が思っていたと思うがやはり今年初戦が皐月賞というのはいかがなものか 能力は1位、2位だが藤沢先生がいきなり馬に無理をさせる仕上げにしてるとは思えないのでいまいち推しきれない だが人気があまりにもないので普通に走れば勝つだけの能力があることを考えると...

⑥アウトライアーズ 田辺 57kg

スプリングS2着馬 そのスプリングSは年明け初戦でデキに不安があったがしっかり脚を伸ばして2着に食い込んだ 賞金的に権利をとらなければ皐月賞出走はできなかったのにもかかわらずその選択をしてきたということは関係者によほどの自信があると思える 上昇度は間違いなくある

ペルシアンナイト デムーロ 57kg

最初で最後のハービンジャー産駒の大物(個人的意見) 前走のアーリントンカップでは他を相手にしない圧勝劇 今回は2ハロンの距離延長で折り合い面がカギとなる 正直この馬はNHKマイルにそのまま行ってればなぁと思ってる

⑧ファンディーナ 岩田 55kg

フラワーカップの勝ち馬 今年の皐月の一番の注目 3走全ての勝ち方が衝撃的でフラワーカップではその前日に同じコースで行われたウインブライトの強い印象を一気に打ち消してくれた 正直能力だけならレイデオロと一騎打ちが期待されるが向こうは休み明けでこの馬はスムーズに使えている やはり不安はいざ揉まれるとどうか(あれだけの馬体なら問題ないと思うが)、短い期間での再度の関東遠征、そしてやはりムラがあるこの時期の牝馬という点だろう

⑨プラチナヴォイス 和田 57kg

スプリングS3着馬 この馬はやっぱり京都でしょという感じ ささり癖もありさらに距離も微妙で推しづらい

⑩ダンビュライト 武豊 57kg

弥生賞3着馬 新馬戦の時と比べるとやっぱりあまり伸びなかったなぁと まだこれからの馬だと思うのでここは見送りか

アルアイン 松山 57kg

毎日杯の勝ち馬 皐月参戦は正直驚き 2000mはやはり少し長い気がする そしてやっぱりワンパンチが足りないか

アメリカズカップ 松若 57kg

きさらぎ賞の勝ち馬 前走は体調が万全ではない中1着と能力と重馬場適正を感じさせた そこからぶっつけの皐月参戦となるが去年のサトノダイヤモンドですら勝てなかったことを考えると何とも言えないが重馬場になったら

⑬サトノアレス 戸崎 57kg

朝日杯の勝ち馬 前走のスプリングSではまさかの4着 デキには少し不安があったが優先出走権を獲得できなかったとなるとやはり実力に疑問 それとマイラーの印相がどうしても抜けない

⑭キングズラッシュ 善臣 57kg

5ヶ月ぶりのレースがこの本番皐月賞となってしまったこの馬 実力はあり芙蓉Sの勝ち方も見事だったが弥生賞が使えなかったのはどうしても痛すぎる 中間の調教ではいい動きをしており人気以上の走りはできそう

⑮アダムバローズ 池添 57kg

若葉Sの勝ち馬 賞金が足りていたのにもかかわらず前走OP特別を使ったのは正直自分は皐月では勝負にならにから確実に賞金を稼ぎに来たという解釈をした ペースを作るのはおそらくこの馬だが強気にいけない

⑯クリンチャー 佑介 57kg

すみれSの勝ち馬 新馬戦は全くだったが未勝利OP特別と強い勝ち方をしてきた 本番でも十分一発を狙える位置におり外枠という懸念材料さえなければ頭も十分にあり得たと思う 陣営も外枠でどうも弱気になっているのが気がかり

⑰ウインブライト 松岡 57kg

スプリングSの勝ち馬 前走は85%というデキで圧勝 正直その域にすらいってなかったとも思うがかなり強かった 今回は叩かれて上昇も考えれる あまり器用な馬ではないのでこの枠でも関係なくあとは初対戦組との力関係と1ハロン延長がどうか

⑱トラスト 柴田大知 57kg

札幌2歳Sの勝ち馬 大外枠に入ってしまい逃げの手は打たないというような陣営の言葉 正直この馬は逃げてなんぼだと思うのでその時点で自分の中からはないかなぁと

◎⑭キングズラッシュ

〇⑧ファンディーナ

▲⑤レイデオロ

△②スワーヴリチャード、⑦ペルシアンナイト、⑰ウインブライト

買い目

ワイド⑭→⑧⑤②⑦⑰

 

今回は競馬で絶対やってはいけないといわれる思い込みで買う キングズラッシュめっちゃ成長してる願望まるだしである 

【2017】ダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯予想

どうも、お久しぶりです

まぁ色々あってブログ書くモチベが消滅してました

とりあえず競馬の予想はやっていたので重賞だけ印をこの記事の終わりに書いておきます(はたからみたら信憑性皆無なので)

ではダービー卿チャレンジトロフィーから予想といきますか 

グレーターロンドン回避により一気に混沌と化しましたが自分にとってはある程度予想しやすくはなりましたかね

◎⑪マイネルアウラート・・・OP特別3勝とそこそこの力を持っている同馬 逃げ馬だが2番手から行ってもいいタイプなのでもう1頭の逃げ馬のダイワリベラルに競りかけられても特に問題なし スローの展開が予想されるので前走みたいなドスローにならなければ(しなければ)馬券は堅いと思われる 今回人気するであろうグランシルクとニューイヤーSで同じ斤量差(ともにその時と1kg減)で快勝しているのもポイント

〇③ロジチャリス・・・去年のメイSを快勝している同馬 前走は久々の競馬でやや出負け&道中かかり気味の競馬だったがしっかり3着は確保しておりグレーターロンドンがいない今回なら評価はしておきたいということでこの評価

▲⑧グランシルク・・・常に人気を背負っている同馬だが今回は2番人気になりそう 中山1600mはベストといえる条件で前走も◎マイネルアウラートの2着をしっかり確保 単穴というわけではなく3番手という評価だが相手としては堅いが面白い馬

以下△に逃げ残りを考えて⑩ダイワリベラル、1番人気になるであろう⑤キャンベルジュニア

買い目

単勝

馬連⑪→③⑧⑩⑤②⑨

3連複⑪→③⑧→③⑧⑩⑤②⑨⑦

②、⑨は一応高配狙いで入れてみても面白いかと

そして今年からG1となった大阪杯です ですが去年よりメンツは落ちたかなぁという感じは否めません ではG1なのでまずは各馬について短評というかコメント的なものを

①ミッキーロケット 和田 57kg

同じ阪神では外回りだが神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドに本気を出させ惜しくも2着だったが評価できる内容 2走前で後の日経賞の覇者であるシャケトラに2kg差で勝利し新生誕生を予感させた 前走は出遅れ&スローという圧倒的な不利な状況だったがそれでも大差のない4着にしがみついた 2000mとスタート(あと強いていうなら前走マカヒキに1kg、サトノに2kg貰っていて今回は同斤量)に不安があるが成長力はたっぷり

②アングライフェン 岩田 57kg

OPで頭打ちしている感が半端ない 鞍上は魅力だがG1は家賃が高い

③スズカデヴィアス 藤岡佑介 57kg

この2走は復調気配を見せてきておりこの内容ならG1でも馬券圏内は...と思わせる内容 特に前走のG23着というのは評価できる 鞍上がG1では良績を残せていないのが気がかりだが今回はハイペースが予想でき一発大穴というならこの馬か

ステファノス 川田 57kg

叩き良化型らしく前走は結果は残せていない しかし天皇賞秋では今回人気が予想されるヤマカツエースサトノクラウンにしっかり先着しておりさらに香港でも3着と2000mでは強い 正直このレースがG1になったのはこの馬(強いて言えば後述するもう1頭も)のためとも思える 今回も人気しないようならしっかり狙っていきたい

キタサンブラック 武豊 57kg

今年も去年と同じローテで臨む同馬 去年はアンビシャスのお前なんでそこいるんだよ(先行策)にやられたが今年はアンビシャスの鞍上が福永と去年ほどのおもいきりのある騎乗はないと予想 実力は去年の有馬が終わった時には現役トップだと思っている 有馬はシュミノーのチームサトノの好騎乗にやられた感じ 今回予想されるハイペースも大丈夫 あとはデキ次第

⑥サクラアンプルール ノリ 57kg

前走は中山記念で後のドバイターフの勝ち馬ヴィブロスに先着を果たしている同馬 しかしやはりベストは中山か それとやはり前走はG1馬達のデキに救われた感じ 今回はG1なので前走みたいな好走はイメージしにくい

サトノクラウン デムーロ 57kg

前々走でハイランドリール、前走でマカヒキと大物食いを連続で果たした同馬 この馬は稍重ではないとG2でも手が出せないが今回は雨の影響が残りこの馬向きの馬場になりそう 当日の馬場状態によるがキタサン食いまであり得る

⑧ロードヴァンドール 太宰 57kg

個人的なイメージはなぜか走る逃げ馬 正直この馬の強さが自分にはわからないがG22着は評価しなければならないか? だが小倉大賞典マルターズアポジーと勝負付けが済んだ感じがありその馬をG1で買えと言われても...という感じ

ディサイファ 四位 57kg

高齢馬で久しぶりがG1...さすがに厳しいと思う そしてマイルCSでモロに不利を受けたのでまだその影響が残っている感じも

⑩モンドインテロ ウチパク 57kg

ベストは2400~2600 2000mでは厳しいというのと日経新春杯でミッキーロケットと勝負付けが済んでる印象 G1のメンツというのも考えると...

マルターズアポジー 武士沢 57kg

前走で前半57秒台の超ハイペースを逃げ切り今回もハイペース逃げとなりそう 有馬では距離で4角早々にキタサンにとらえられたが今回もそのような感じでとらえられそうという個人的見解 G2では面白そうだがG1では...

⑫アンビシャス 福永 57kg

去年の覇者 しかし去年はノリの神騎乗でキタサンとクビ差 今年は福永のテン乗り この馬はテン乗りが本当に難しい馬なのでやはりそこは割引点 福永はスタートはうまいのでこの馬の弱点を1つ補えてはいるが割引点の方がまだ大きいかなぁ...このG1格上げはこの馬のためという考え方もできるが頭では狙いにくい

ヤマカツエース 池添 57kg

この馬は寒い時期から温かくなる前に走る所謂季節馬 今回の大阪杯はギリギリ狙える範囲 そして前走の勝ちっぷりが鮮やか 今回はそれ以上のメンバーアップだが適正距離外の有馬で4着とそれに対抗する力はある あとはどう外枠を克服するか

マカヒキ ルメール 57kg

去年のダービー馬 この馬のベスト距離はこの2000mだと思うのでここを目標にやってきたというのはいい情報 しかし大外枠&今回も馬場荒れ予想 この馬にはやはり- それとやっぱりピークすぎた感がある でも力はそこそこにあるので抑え程度には入れておきたい

◎①ミッキーロケット

〇⑤キタサンブラック

▲⑬ヤマカツエース

△④ステファノス、⑦サトノクラウン

買い目

3連単①⑤→①⑤⑬→①⑤⑬④⑦

 

今週分はここまで

 

では一応過去に更新しなかった重賞予想分の結果です 興味のある方だけ見てください 全部買ったわけではないですが一応買い目までは予想段階で出しているので外れor的中のみです

弥生賞

◎③グローブシアター

〇⑨ダイワキャグニー

▲⑪カデナ

△④ダンビュライト、⑥コマノインパルス

外れ

金鯱賞

◎⑩サトノノブレス

〇⑥ヤマカツエース

▲①ルージュバック

△④ルミナスウォリアー、⑨ステファノス

外れ

中山牝馬S

◎③ビッシュ

〇⑬マジックタイム

▲⑤シャルール

△①クインズミラーグロ、⑭フロンテアクイーン

外れ

フィリーズレビュー

◎④フラウティスタ

〇⑮レーヌミノル

▲⑬ゴールドケープ

△⑪ヤマカツグレース、⑥ジューヌエコール

外れ

ファルコンS

◎⑨コウソクストレート

〇⑬マイネルバールマン

▲④ジョーストリクトリ

△⑧デスティニーソング、⑫ナイトバナレット

単勝的中

スプリングS

◎⑧アウトライアーズ

〇⑩ウインブライト

▲⑨サトノアレス

△⑦プラチナヴォイス、⑤エトルディーニュ

3連単的中

阪神大賞典

◎⑨サトノダイヤモンド

〇③シュヴァルグラン

▲④トーセンバジル

△⑨レーヴミストラル

3連単的中

フラワーカップ

◎⑫ファンディーナ

〇⑥シーズララバイ

ワイド的中

日経賞

◎⑫ゴールドアクター

〇⑨レインボーライン

▲⑬シャケトラ

△⑩アドマイヤデウス、⑭ツクバアズマオー

外れ

毎日杯

◎①サトノアーサー

〇⑧ガンサリュート

▲③アルアイン

△④クリアザトラック

外れ

マーチS

◎⑧リーゼントロック

外れ

高松宮記念

◎⑱ワンスインナムーン

〇⑥セイウンコウセイ

▲⑨シュウジ

△③レッツゴードンキ、⑪スノードラゴン

外れ

とこんな感じです(疲れた...)

なんか3歳戦めっちゃ成績いいの謎

<2017>オーシャンS、チューリップ賞予想

どうもお久しぶりです

今週からクラシックトライアルが始まりますね チューリップ賞には阪神JF1,2着馬、そして弥生賞はレイデオロに負けた組VSレイデオロと戦ってない組という表記が正しいと思います そして土曜の中山で宮記念の前哨戦のオーシャンSが行われますが...これまたOP特別のようなメンバー 正直今のスプリント界が心配ですね 本命予定でしたダンスディレクターが骨折をしてしまいまた去年と同じような感じに...そしてビッグアーサーも回避してしまい宮記念に出るG1馬がスノードラゴンレッドファルクスのみという形になるのかな?まぁそれはさておき予想にいきましょうか

まずはオーシャンSから

◎②ナックビーナス・・・OP特別を3勝しておりいい加減重賞に手が届いてもいいと思う馬 少し乗り難しい馬で乗り替わりが傷だがそれを差し引いても他に信頼できる馬がおらず...使い詰めですが短距離馬の使い詰めはそこまで自分は気にしないタイプなので

〇③ブレイブスマッシュ・・・スプリント戦はファルコンS以来となるがここまで縮めるのは初 正直強い4歳牡馬という理由だけで選んだ感じはあるがスプリントはそこそこいい方向に向きそう 左回りに良績が集まっているのが難点だが初の1200がいい方に出ると信じたい

▲⑨メラグラーナ・・・1番人気だが不調戸崎というのとそもそもの実力が謎すぎる そこまで信頼できないが前走の勝ち方は印象的だったので3番手評価にはとどめた

以下△腐ってもG1勝ち馬⑩スノードラゴン。腐っても重賞勝ち馬⑤バクシンテイオー

買い目

3連複②③→②③⑨⑩⑤→②③⑨⑩⑤④⑦⑪(30点)

では注目されてる方の重賞チューリップ賞

◎③リスグラシュー・・・前走阪神JFソウルスターリングに完敗という形だったが枠順とスタート、そして内外を回った差がもろにでてしまったという印象 今回はソウルスターリングより内に入ったのでこちらを上に オークス秋華賞タイプだと思うのでソウルスターリングに完敗しても悲観はしません

〇⑩ソウルスターリング・・・まぁ仕方ないかなぁと アイビーSで完全に負かしたペルシアンナイトがあれだけの走りをするとこの馬をこの評価以上に下げづらいかなぁと 

▲⑤アロンザモナ・・・新馬の勝ち方が印象的だった当馬 紅梅Sでしっかり差し切り勝ちを収めていってよし控えてよしの馬 スムーズに走れれば一角崩しはありえる

以下△②カワキタエンカ

買い目

馬連馬単③-⑩

3連単③⑩→③⑩⑤②→③⑩⑤②

<2017>共同通信杯、京都記念予想

どうも、今日はブログにあげたクイーンC、飛鳥Sと3連単を当てることができました...いやぁ本当に久しぶりに当てた気がする 飛鳥Sに関しては完全的中で本当に気持ちよかったですね 一応おすすめ馬も4番人気のファンタジステラが快勝とそこそこでした では明日の重賞レースの予想に参りましょう

まずは共同通信杯

◎④ムーヴザワールド・・・デビュー前は凱旋門賞取れるなど陣営からも好素材の声があった しかし前走は血統的な面もあり他より完成度が低く元の素材だけで好走した印象 前走はさらに新馬のキャリア1戦で臨んだということもあり他より競馬慣れをしていなかったのも事実 今回はキャリア3戦目で陣営もここを狙っての出走 賞金的に2着でも厳しいので個人的な願望120%だが勝ってほしいという意味で本命

〇①スワーヴリチャード・・・四位騎手が新馬戦で競馬をしっかり教えてその効果がこの2戦でしっかり出ている 前走はムーヴザワールドに先着しており大舞台での活躍も見えてきている 四位騎手がサトノアレスではなくこちらを選択したというのもありこの馬の資質がしっかり証明されている まずムーヴザワールドを買うなら前走負かしているこいつは逆らう必要ないよねという意味での対抗

▲は該当馬なしです(上2頭をワンチャン負かせるような馬が見当たらないというのが事実)

以下△相手なりに走る⑧エトルディーニュ、ムーヴザワールドと勝負付けが済んだが素質が高い⑤エアウィンザー

買い目

馬連馬単④‐①

3連単④→①→⑧⑤

そして京都記念です

◎⑨ミッキーロケット・・・前走はシャケトラとの叩き合いを制して重賞制覇 その内容も非常によく3着以下を相手にしていなかった 重馬場適正もあるし安定感もあるので不動の本命

〇⑥サトノクラウン・・・良馬場では天皇賞を見てもらえばわかるようにG1では相手にならないが香港でG1を制覇して今回も前日発売が行われないくらいに馬場が厳しくなると思われる 昨年も重馬場で完勝しているのでその再来もあり得る

▲④スマートレイアー・・・2200mの距離に不安は付きまとうが前走の香港で2400で5着とそこそこの成績 その時にサトノクラウンに完敗しているが京都ならこの馬もそこそこに走れる 同じ条件のエリザベス女王杯では結果が残せていないが斤量面での有利があるのでそれが大きくでると見込んで逆転もある

以下△③マカヒキ

買い目

馬連⑨→⑥④③

3連単⑨⑥→⑨⑥④→⑨⑥④③

マカヒキが2着に来たらトリガミでもいいかなぁと思います 重馬場に期待する感じで

ではおすすめ馬に参りましょう

東京6R⑤アスコットチャンプ・・・前々走は前が詰まっていてスムーズに運べていたら1着まであった内容 前走はそもそも距離が短かったので仕方ない 今回はその前々走と同じ舞台で相手関係も昇級初戦で2桁着順をとっていたりダートで走っていた馬がほとんどなので距離適性などの消去法でこの馬の好走はほぼ間違いないと思います

小倉9R⑮アインザッツ・・・前々走の未勝利の勝ち方が鮮やかでそれが今回と同じ舞台 前走は休み明けということもあり6着だったが詰めて使うことで上昇があるはず 人気がいまいち読めないところがあるので過剰人気してないようなら買いたい馬

京都10R②メイショウウタゲ・・・前走は内の狭いところをぬって重賞3着 今回はそのレースの2着馬モルトベーネも出走予定だが手綱を引っ張る場面がなければこちらが先着していた OP特別の安定勢力でもありフェブラリーに出ていたとしたらそこそこの印を打つ予定だったのでここでは負けてほしくないというのが本音

一応もう1頭京都10Rで③サンライズホームが気になっているが同じレースで2頭推すのは違うと思ったので名前だけ記しておく