【2018】大阪杯予想

お久しぶりです てか、これ毎回言ってますね... 地方競馬暇な時見たりするのでそれの予想をしたりしましょうかね それか平場のレースとか好きなので自信のレースを推すか... まぁ今回は最近のスタンスで

今回は大阪杯です まぁドバイもあるのでぱっぱと書きましょうか

①ミッキースワロー ノリ 57kg

前走のAJCCは本来ペースアップしてくれる要因となるゴールドアクターが謎の失速で展開に全く恵まれませんでした しかしこの馬自身が自分で捲って頭まであるかと思わせるような2着と力を示しました この内容は小回り適正があるとも取れました(自分の中で) 関西遠征は重賞のプレッシャーの菊沢の早仕掛けの京都新聞杯、極悪馬場の菊花賞と敗因は明確 関西圏の競馬ということで評価は下げなくていいと思います ポツンや大逃げとかしない限り恥ずかしくない競馬をすると思います

サトノダイヤモンド 戸崎 57kg

前走の金鯱賞で上り最速の3着で、マカヒキと同じ凱旋門賞帰り3着という結果でしたがこちらは精神的なダメージや欧州馬場の走り方にはなってないと思いました キタサンブラックのベストパフォーマンスに地力でしっかり勝ったことがあるこの中での唯一の馬 小回り適正はエンジンのかかりが遅いことでどうかとも思います 鞍上が戸崎なのもマイナス要素 今回で真価が発揮されると思います

ヤマカツエース 池添 57kg

前走の金鯱の内容がいただけませんね サトノダイヤモンド以上という結果は望めないかもしれません

シュヴァルグラン 三浦 57kg

現役最強がささやかれているこの馬 JCではレイデオロキタサンブラックを抑えて優勝しました 有馬記念でもあれだけの不利がありながら3着とめきめきと馬がレベルアップしています 2000mや小回りはこの馬にとって大きなマイナスとはなり他とは違い一叩きできていませんが能力から侮れません

ペルシアンナイト 福永 57kg

この馬にとって2000mは長いと思うんですよね 中山記念のいくら展開が向かなかったからとはいえアンプルールは差してほしかったです 小回り適正2000mといまいちピンときません 皐月2着はデムーロが完璧に乗ってましたからね

⑥スマートレイヤー 四位 55kg

8歳牝馬 よく頑張りますね VMに向けての叩きでしょうが頑張ってほしいです

ゴールドアクター 隼人 57kg

枠は絶好で陣営はうれしそうですがデキがよくないとしっかり明言しています 小回り、阪神と実績はあるし隼人とのコンビ復活で贔屓目にみても頭までは厳しいと思います

アルアイン 川田 57kg

皐月、ダービーの走りから4歳最強牡馬の可能性はあると思ってました 前走の京都記念ではクリンチャーに負けはしましたが目標のレイデオロには先着しています 4歳のこの路線でほぼ最強と言ってもいいのではないでしょうか 皐月のレコード勝ちからこのコース向きなのは証明済み メンバーで唯一不安要素が何一つないといっても過言ではないと思います

⑨トリオンフ 田辺 57kg

ここ最近の3連勝の内容が圧巻 前走の小倉大賞典ではこのメンバーには大きく劣るとはいえ重賞でノーステッキでほぼ3馬身差 正直強いですよね 小回り適正はここ3戦で証明済み めちゃくちゃ強くてここも圧勝して古馬のこの戦線の王者となるかどうかがこのレースでわかりますね 正直そこまで競馬は甘くないとも思いますがどうもモーリスと重なってしまうんですよ

サトノノブレス 幸 57kg

ヤマカツライデンの存在からスロー逃げはかなわないでしょう

⑪ウインブライト 松岡 57kg

2000mは長いです マイラーだと思ってるので 2桁着順だと思ってます

⑫ヤマカツライデン 酒井 57kg

逃げてどこまででしょうね

⑬マサハヤドリーム 北村 57kg

実力不足でしょう

⑭ダンビュライト 浜中 57kg

前走でAJCCを制覇しました その内容は番手から抜け出すという王道なものでしたが結果は楽勝 小回り適正も十分 この波に乗ってどこまで行けるでしょうか

⑮スワーヴリチャード デムーロ 57kg

右回りに不安があるんですよね 今回はいろいろ語りたいですがその不安と2000mがどうしても今のこの馬にとって短いと思うのでとりあえず抑えまでです (ドバイ見たいんです)

⑯メートルダール 松山 57kg

新潟大賞典使うと思ったんですが 実力不足で機動力不足でしょう

◎⑨トリオンフ

○⑧アルアイン

▲②サトノダイヤモンド

△①ミッキースワロー、④シュヴァルグラン、⑦ゴールドアクター

買い目

3連単

⑨⇔⑧②→⑧②①④⑦⑮

2,3着の裏返しはよゆうがあったらで

【2018】阪神大賞典、スプリングS予想

どうも、先週はブログお休みさせてもらいましたが完全に正解でした 予想がひどすぎましたわ...

弥生賞ですがダノンプレミアムが皐月賞もいただいたといわんばかりの競馬での圧勝 ワグネリアンはいい競馬ができたものの多頭数が明らか不利になりそうな走りということとダノンプレミアムに完敗ということでクラシック候補からは一時除外 代わりに案外器用に立ち回れそうで本番も武豊くさいジャンダルムが上がってきたという感じになりました 

若葉Sもタイムフライヤーがだらしない競馬をしてしまい皐月で少し買いづらくなりました 代わりにアイトーンが逃げてさすがという競馬をして皐月でもハナにこだわるようなら穴候補として面白い存在となりました 

ではこの流れでスプリングSから印発表と行きますか

◎⑧ステルヴィオ・・・ここ2戦ではダノンプレミアムに完敗していますが成績を見るとダノンプレミアム以外には完勝という形になっています オルフェとバリアシオンを思い出すような成績でこいつがバリアシオン的立ち位置だと思っています 今回も相手はそこまで強くないですしここで負けてしまってはダノンプレミアムに逆転はできないでしょうしここは通過点としてほしいです

○⑥ハッピーグリン・・・前走のセントポーリア賞で見せた脚は見事なものでした 2着のリビーリングは弥生賞でも5着 4着馬のダークナイトムーンはその次で高レベルな500万で2着と相手も申し分ありませんでした それらを完全に封じ込めたというのは評価に値します 札幌で3着2回と小回り適正も十分にあると思うのでこの人気なら意欲的に抑えたいです

▲②ルーカス・・・前走のホープフルSでは放馬のアクシデントがありながらも出走して6着と着順の割に見せ場は作りました 今回は調教もスムーズにいっており人気にはなりますが真価が発揮されるのと重賞2着はここではかなり評価できるのではないでしょうか

以下△に安定株の⑫マイネルファンロン、戦ってきた相手がそこそこ強かった①バールドバイ

買い目

馬単⑧→⑥②⑫①

では天春につながる阪神大賞典の予想です 今年はかなり低調なメンバーになってしまいましたがここから天春勝ち馬出る可能性もあるのでしっかりここの結果も分析したいですね

◎④カレンミロティック・・・10歳セン馬です 今回この馬を買いたいのは去年のアルゼンチン共和国杯を評価してです このレースで長い東京で前目につけて5着に粘れたのはすごい評価に値します 長距離では自分の力をしっかり出せます 今回の低調なメンバーなら叩き良化型のミロティックでも格好つけれるのではと思いました 展開も向きそうですし

○⑦レインボーライン・・・去年はG1ローテを進み続けましたが阪神大賞典から始動 この馬は賞金があまり足りていない馬なので将来のためにしっかり稼いでおきたい馬ですしかなりいい仕上げなのではないでしょうか 重馬場ベターではありますが良馬場でも走れないことはないので阪神の3000というタフなコースでは期待が高まります

▲⑩アルバート・・・まぁ実力には何も心配してませんが鞍上がとてつもなく長距離下手なのでこの印です それ以外はないです

クリンチャーですが次点の△評価ですが買い目は増やす必要がないかなぁというのとここで掲示板外に敗れてから天春狙いたいのでここは素直に負けてほしいです

買い目

ワイド④-⑦⑩

 

【2018】弥生賞予想

どうも、先週の中山記念の予想ではなんとかブログ内新年初的中しました!!!

ウインブライト→アエロリットの馬連ですか しっかり抑えれてよかったと思います ウインブライトですが大阪杯いくらしいですね マイル~1800の馬だと思ってるので多分無印にしますが...

まぁ弥生賞予想いきますね 早速ですけど 一応言いますと今回はかなりつまらない予想なのとクラシックに直結するレースの本命は自分のダービー馬だ!!!とかそういう馬を本命にしたほうがいいですよ こんなブログ見てる人なんて余程の物好きかかなりの競馬ファンなのでそんな心配をしても知ってるよみたいなこと言われるんでしょうが(日本語下手) 簡単に言うとこういうレースは他人の意見は紐に入れるくらいで自分を信じろってことです

オブセッション ルメール 56kg(全馬56kgなので以降省略)

前走のシクラメン賞では2歳戦にしては流れたとはいえ1.45.6ですか かなり早い時計で勝ってます 確かリスグラシューが持ってた阪神1800の2歳レコードを0.6更新ですかね ここら辺はあいまいですが リスグラシューより0.6いい時計で走れてるということは牝馬牡馬の差はありますがこの世代でもトップクラスの実力の持ち主だと思います ですがこの世代でのトップ層と初対戦というのと内枠で包まれる競馬になってしまった時の対応力 そして後述するダノンプレミアムよりも中山コースがあっていないと考えるとどうかとは思います 賞金的に2着以内に入らないとダービー怪しく、多分厩舎側はここ3着なら青葉賞選択すると思うので仕上がりもそこらの2勝馬のトライアルレースほどではないと思います 陣営もダービー目標と言っているので

②アラウン ミナリク

まぁないでしょう

③ジャンダルム 武豊

ホープフルS2着馬で今回のコースにもしっかり対応しましたが賞金に余裕があるのと鞍上の武豊を考えると脚を測る競馬をすると思うので3着以内を取る必要性のないことから切っていいと考えてます 

④リビーリング 戸崎

正直セントポーリア賞2着の内容はいただけませんでした 気性などの課題をある程度クリアしてあれだと... 今回は初の中山コースで新馬戦みたいに馬が落ち着かない可能性もありますし人気を考慮したら妙味はあるので余裕があれば抑える程度でいいのではないでしょうか

⑤ヘヴィータンク 野中

いらないでしょう

⑥アサクサスポット 武藤

騎手にとっていい経験になれば

⑦トラストケンシン ウチパク

まぁ小銭稼ぎですかね

ワグネリアン 福永

3戦3勝馬で今回はスローペースになりやすく瞬発力が問われやすい弥生賞でいつも通り直線勝負をすればおのずと好結果が生まれると思います この馬の不安材料は本当に強いかどうか これまで負かしてきた相手がいかんせん弱かった(新馬のヘンリーバローズを除き)のを考えると本番では少し危険な香りはします 瞬発力は並外れたものがあるので今回に限ってはそこまで実力は不安視する必要はないかと思います

⑨ダノンプレミアム 川田

まぁ皆さん知っての通り強い馬です 自分のベスト距離で走ればおそらく実力はこの世代No.1です この馬の不安材料は中山コースだけ 2000mはまずこなせると思うので問題ないです ストライドが大きい馬だから中山が不安と調教師は言っていますがまぁ3強の他よりは不安材料のレベルが低いのとこの馬自身がワグネリアンより早い上りを使える可能性があるので実力の面で不安材料はカバーできると考えれば一番信頼していいのではないかと思います

⑩サンリヴァル 藤岡

芙蓉Sで中山2000にしっかり対応して楽勝と内容は良かったです 前走のホープフルではハイペースを早め先頭という競馬になってしまいかなりスタミナを取られてしまいました 今回はスロー必至の展開予想 ダノンプレミアムにおそらくかわされると思いますがそれからどれだけ粘れるかでしょう

予想

◎⑨ダノンプレミアム

○⑧ワグネリアン

▲⑩サンリヴァル

△①オブセッション

買い目

3連複⑨→⑧→⑩①

ここは手堅くいきましょう

【2018】阪急杯、中山記念予想

どうも、先週のフェブラリーの予想ですが完敗という感じでした 想定ペースがスローで予想したのもありジンソク軸にしたんですけどまさか1200mより最初の3ハロンが早くなるとは... インカンテーション抑えていたのは評価したいんですけどね まぁはずれははずれなので

では中山記念から各馬短評です

マイネルサージュ 三浦 56kg

前走の白富士Sでは展開もやや向いた面もありましたが目を見張る差し足でした 実績は物足りませんが3着までならという感じですかね

②サクラアンプルール 蛯名 57kg

G1では完敗していますが前走の有馬では馬券を買ってる人からしたら3まであったといわせていますし調教師さんも掲示板あったんじゃないかという感じだったので中山コースは去年もこの舞台で2着しておりベストなのかなぁと思います 勝ち星のほとんどが中山ですしね 1800mもベストかなぁと 2000mとどっちがベストかは一概には言えませんが

ヴィブロス ウチパク 56kg

去年のドバイターフの勝ち馬で府中牝馬もコース取りに苦労しながら2着と1800mはベストだと思います 去年の中山記念では5着で今年もドバイへの明らかな叩き台ですが実績から抑えてはおきたいですね

ペルシアンナイト デムーロ 57kg

去年のマイル王者ですね 正直現マイル界最強の馬だと思ってますし皐月賞も完ぺきなコース取りだったとはいえ2着と好走し中山のコーナー4つにも適応しています 人気にはなってますが消す理由はあまり見当たりませんね

⑤ウインブライト 松岡 56kg

去年のスプリングS勝ち馬で中山1800mはおそらくベストとしています ていうか1800ベターな馬かと 2000mでは福島記念中山金杯と連対していますがやはり気持ち長いと思うのでこの距離短縮はプラス 将来ペルシアンナイトとマイル界を引っ張っていくと思っているので過剰人気感はありますがコース適性などからこの相手でもやれないことはないかと思います

マイネルハニー 大知 56kg

ウインブライトと同じで中山1800mに適性を持っている馬 1800がおそらくベストでしょう 前に行きたい馬がほかにもいるので今回はそこの兼ね合いだけがカギですね

ディサイファ 田中 56kg

落ちた感じはありますが前走のAJCCで見せた脚は本物だと思います 今回がラストランで他とは違いここをピークに持ってきていると思います 1800mはこの馬にとって完全なベストコースであり軽視は危険かもしれません

マルターズアポジー 善臣 56kg

マイル戦で良さが出ていた馬なのでこの距離延長にはいささか疑問が残ります 実力的にはやれても不思議ではないですけどね

⑨ショウナンバッハ 戸崎 56kg

この馬だけは今回のこのメンツで馬券圏内ないと思っているんですよね

⑩アエロリット ノリ 55kg

NHKマイルの覇者 左回りがおそらくベターなのでしょうがクイーンSでの圧巻の逃げなどこのメンツでもやれるだけの力はあると思います 5月生まれで成長期真っ盛りでしょうし成長で他の馬を圧倒してもおかしくないと思います

予想

◎⑤ウインブライト

○②サクラアンプルール

▲④ペルシアンナイト

△⑩アエロリット、①マイネルサージュ

買い目

馬連⑤→②④⑩

ワイド①-⑤

まぁ正直いうとわからないですw

阪急杯はまぁ印とその根拠らしきものだけで

◎⑰モズアスコット・・・前走の阪神カップで4着と敗れてしまいましたが強い馬相手に外々回す競馬だったので仕方ない面はあったと思います 今回も同舞台となり人気もしていますが今回馬券から外れる馬ならその程度の馬だったで割り切る感じでいいのではないでしょうか

○⑥レッドファルクス・・・スプリント王者ですがこの馬のベスト距離は1400m 左回りがベターですが1400mを選択してきたのはいいと思います 斤量など厳しいところもありますが力は上位なので印は落とさなくていいのではないでしょうか

▲⑧ヒルノデイバロー・・・まぁ去年2着してるという理由だけですが前走の大敗で人気落ちしているというのとスワンSでマイルCS3着のサングレーザーと接戦をしていたのでそう考えると妙味があるので

以下△舞台ベストの⑦ムーンクレスト、1200mに短縮して良さが出ていてその勢いを買った④ペイシャフェリシタ

買い目

馬連⑰-⑥⑧

ワイド⑰-⑦④

【2018】フェブラリーS予想

どうも、私事ではありますが現在重賞3連勝なんですよね クイーンカップ馬連(◎テトラドラクマ)、京都牝馬S枠連(◎デアレガーロ)、ダイヤモンドSワイド(W的中)(◎リッジマン) しかし、ブログに買い目また印を一切掲載してないからそんな自慢話はよしてくれという読者様からの声もひしひしと伝わってきます 今回は文句なしにそこそこの配当をプレゼントできればと思います

では各馬短評を

①ニシケンモノノフ ノリ 57kg

芝を前走走ってきて今回は芝スタート 芝スタートはこの馬にとっていいはずで枠順は最内枠で少し極端な競馬をしなくてはならずハナを切るでしょうか? ノリさんなのでそのあたりはわかりませんが馬にとってマイルは長いと思うので余裕があったら抑える程度でいいのではないでしょうか

ケイティブレイブ 福永 57kg

前走川崎記念では鮮やかに勝利しました チャンピオンズカップで4着と中央場でもしっかり競馬ができるところを見せました ですが今回の距離短縮がプラスとは明らかに思えませんしね 名古屋グランプリ走ってたくらいですからやはり短すぎるかなぁと

ノボバカラ 石橋 57kg

近走内容と力量から厳しいかなぁと

アウォーディー 武豊 57kg

去年のドバイ遠征から明らか狂いましたね ドバイ帰りからすべてのレースは正直この馬に展開は十分向いていたと思えますしそれで勝ててないんですからさらに条件が厳しくなる今回は正直狙いたくないですね

サウンドトゥルー ミナリク 57kg

この馬芝スタートが本当にダメなんですよね 前走後ダメージがあったそうですが回復したらしく出走とのことですが番組がなく渋々という感じが否めません

インカンテーション 三浦 57kg

武蔵野Sでノンコ、サンライズという今回有力視される相手をひきつけずに完勝しました 一時期の不振は完全に脱しておりこの馬自身この舞台は2着の経験があり人気妙味を考えるとおいしい1頭ですね

⑦ララベル 真島 55kg

記念出走 この言葉が合いますがサンビスタがそのような感じで勝ってしまったのを思い出して妙に重ねてしまうんですよね 実力が足りないのは明らかですが面白い1頭だとは思います 地方競馬好きですし

⑧メイショウスミトモ 田辺 57kg

中距離に変えて良さが出ていた馬 マイルでは距離不足でしょうか

⑨キングズガード 佑介 57kg

去年よりも勢いというものがありませんし左回りではもたれ癖もあるので正直厳しいと思います

テイエムジンソク 古吉 57kg

今回芝スタート、マイル、ワンターンと初物尽くしで、明らかに展開が向いたチャンピオンズカップでは2着、東海Sもあまり派手さを感じませんでした ですがこの馬の吸収能力の高さは正直以上だと思っておりハナにこだわらないこと そして重賞初挑戦の時のエルムSチャンピオンズカップで2着ですが2回目でしっかり勝っているので今回もそのパターンかもしれません あと古吉さん東京ダート勝ち星がないとかいう話があるそうですが...

⑪ロンドンタウン 岩田 57kg

前述のエルムSレコードタイムで勝利 それだけを切り取るとマイルでもしっかり対応してくれそうな気がします

ノンコノユメ ウチパク 57kg

前走根岸Sレコードタイムで勝利という復活劇を見せてくれました 武蔵野Sでも末脚が使えてたことから完全復活と考えてもいいのではないでしょうか 

レッツゴードンキ 幸 55kg

ダートはいいかとは思いますがいかにも相手関係がとも思えます...叩きのレースもなく海外帰り 少し厳しい印象を受けます

ゴールドドリーム ムーア 57kg

前走のチャンピオンズカップがこの馬の得意としていないコース形態で不向きな流れで1着とダート界の王者に君臨した感があります フェブラリーはこの馬にとって絶好の舞台であまり大崩れという印象はないです 人気も普通ならこのくらいかと思います

ベストウォーリア ルメール 57kg

臨戦過程や近走内容から正直抑える必要ない気もしますが忘れたとき、人気薄のルメール これだけで抑えたいです

サンライズノヴァ 戸崎 57kg

前走根岸Sでノンコと互角に走れていたりと一流級とでも争える素質はあるかもしれませんがさすがに過剰人気が過ぎる気がします

◎⑩テイエムジンソク

○⑪ロンドンタウン

▲⑭ゴールドドリーム

△②ケイティブレイブ、⑥インカンテーション

買い目

馬連⑩→⑪⑭②⑥

3連複⑩⑪→⑩⑪⑭→⑩⑪⑭②⑥⑦⑮

小倉大賞典ですがあまりに予想がテキトーなので印だけ

◎⑬トリオンフ

○①スズカデヴィアス

▲⑧マサハヤドリーム

△②ダノンメジャー、⑨ケイティープライド

【2018】京都記念、共同通信杯予想

ホープフルS以来の更新となります お久しぶりです

いまさらながら新年あけましておめでとうございます 今年もそこそこの予想ができればなぁと思ってます 小銭稼ぎぐらいの...

ではまずは京都記念と行きましょう ダービー馬の始動戦でこのブログも始動していくのでまぁそれにかけたような感じでいきましょう

では各馬短評を

①プリメラアスール 酒井 54kg

準OPを昨秋に勝ち上がりましたが前残りの馬場の恩恵を受けていました そして冬で牡馬と重賞を走り掲示板外 今回はその時よりも相手関係が強化されるので厳しいと思います

②ケントオー 小牧 56kg

マイルの馬だと思いますし実力もOP特別好走レベル 厳しいかなぁと

③ディアドラ 福永 54kg

皆さんご存知秋華賞の勝ち馬で、京都だと内回りの方が適性があると思います 秋華賞ルメールの神騎乗だったのと同舞台のエリ女でスローの影響を受けたとはいえ大敗...鞍上にも不安が残ります

④クリンチャー 佑介 55kg

京都22は短いと思うんですよね 近走スタートダッシュで置いて行かれてることを考えると長距離orダートのほうに適性があると思うのでそれまで待ちましょう

⑤モズカッチャン デムーロ 54kg

エリザベス女王杯を流れに乗って勝ちました 秋華賞もディアドラよりはこっちのほうがパフォーマンスはよかったかなぁと思いますし少し重い馬場もエリ女で適性は見せています 同舞台G1勝ちはポイントが高いのでデムーロ人気は気になりますが抑えてはおきたい1頭ですね

レイデオロ バルジュー 57kg

まぁ連は堅いでしょう 近年多いG1馬とは違いキングカメハメハ産駒で重い馬場も問題ないです 鞍上そして馬場で人気を落とすなら単ぶっこみでも 現4歳で最強だと思ってるので4歳馬が人気になるこのメンツでは恥ずかしいところは見せてほしくないですね

⑦クロコスミア 岩田 54kg

エリ女2着で馬場適性、舞台適正もあります 重たい馬場なので前残りは必至でこの馬が流れを作るにしろプリメラが作るにしろ展開は早くはならないと思うので流れは向くと思います 古馬っていうのもありますし一泡吹かせそうなのはこいつですかね

⑧アクションスター 太宰 56kg

まぁ実力不足でしょう

⑨ミッキーロケット 松若 56kg

和田竜からの乗り替わりで松若とのコンタクトになりますがまぁ和田竜のほうがうまいでしょうしこの馬も中日新聞杯日経新春杯と去年ほどいい感じではないので厳しいとは思うんですがね 斤量が軽くなるのは魅力ですよね

アルアイン 川田 57kg

皐月賞馬ですね この馬22微妙に長いかなぁとは思いますがダービーでは舌を出しながら5着菊でも明らか不向きな距離&馬場で7着と頑張っていますし実力はあると思います 少しば体が絞れていないとの情報が怖く初コンタクトも怖いですが人気がモズカッチャンより下で3番人気なら人気してないほうだと思いますし泥んこ馬場でなければ重馬場適性はあると思うのでおいしさもありますね

◎⑥レイデオロ

○⑩アルアイン

▲⑦クロコスミア

△⑤モズカッチャン

買い目

3連単

⑥→⑩⑦→⑩⑦⑤

レイデオロ軸ならこのくらい絞らないとダメでしょう

そして共同通信杯の短評も...と思ったのですが久々の長文でかなりタイプが疲れてしまいました...なので印とその馬についてだけ書きます...

◎⑥オウケンムーン・・・未勝利戦をレコード勝ちというのはまずポイントが高いですね そして500万も3着馬が次も3着とそこそこのレベルなのであまりメンツがそろっていない今回は重賞勝ちのチャンスは十分ではないかと思います オウケンブルースリ産駒ってこともあり応援したいですし

○③アメリカンワールド・・・前走の未勝利戦だけを評価した形 前走はメンバーが手薄ながら大楽勝 素質の外国産馬が勝ちを覚えてこのままの勢いでと言ってほしいという願望込々の対抗です

▲⑫グレイル・・・前走手前を変えずにG1馬を蹴散らす強さを見せました ですがそういう馬が右回りから左回りに替わるというのは少しいいという印象は受けないのでオッズ妙味と実力的にここが落ち着きました

△⑩ゴーフォザサミット・・・まぁコース適性がありますよね 百日草特別をそこそこのメンツ相手にけっこう強い勝ち方をしたので印がだいぶ落ちましたが抑えは必須でしょう

ステイフーリッシュですが新馬を現地で見ててあんまり強いと感じなかったのとホープフルも展開にかなり救われた形だったので無印で ホープフルに出てたメンツもここより上とはいえG3級ですからね

買い目

ワイド⑥-③⑫⑩

【2017】ホープフルS予想

どうも、日曜の有馬記念は何とか枠連をしとめることに成功しました...やはり名馬は信じないといけないんですかね 今年の漢字の北が選ばれた理由にキタサンブラックがあるとかうんたら そういうこと考えたらキタサンは勝ちが約束されていたのかも...

さてと、今年の締めのホープフルSの予想ですね いつもなら有馬で1年の競馬終わったーってなるんですけど今年からホープフルなんですよね いやぁ違和感違和感

では各馬短評から...と言いたいんですが今回のメンツ短評書いても1頭除いてほとんどマイナス材料しか書けなかったのでいきなりですが印から行かせてもらいます 一応なぜこの印を打ったかには理由付けは書くので

◎⑧シャルルマーニュ 戸崎 55kg

この馬は5戦して1勝という成績ですがまだ1回も馬券圏内を外しておらずOP2戦でも2着3着と安定感を見せています 2着のアイビーSでは極悪馬場で2番手追走でそのまま先頭の馬に逃げきられてしまうというものですがこれは勝ち馬が4角でインコースギリギリをはしってロスをなくした形で競馬をしたためその分の差だったと思います それと東スポ杯で勝負根性があるところを見せたのですがアイビーSでは離れた叩き合いになったためそこも影響していたと思います そして前走の東スポ杯は実質的なやや重馬場でハイペースの3番手を追走して何とか3着を死守という形になりましたが1着のワグネリアンにあっという間に差された後(ワグネリアンは別格です)4着のカフジにいったん交わされたのですが差し返してルーカスに差されてもルーカスと差は広げさせませんでした 1800mよりも2000mというのがあっていると思いますし唯一の1勝は小倉コースであげたもの 中山2000mという形態にも不安はありません 

○⑦タイムフライヤー Cデム 55kg

まぁこの記事見ている人はこの馬についてしっかり知っているはずなのでレースについては略させてもらいます この馬の強みは番手からでもいい脚を使えるという安定感です ロックディスタウングレイルには屈していますがそれはこの馬よりも切れ味があったというだけ しかもグレイルに負けた前走に関しては終始目標にされ早め先頭で押し切ろうとしたところでの強襲で悲観する内容はありませんでした しかしこの馬は月1ペースで使われており疲労の蓄積が心配です 急坂の中山、きついコーナー 疲労がたまっているとこの2つを攻略して勝ち切る...まではどうかと思います

▲⑨サンリヴァル 田辺 55kg

前走の芙蓉Sでこのコースを勝っておりまぁ舞台適正には文句がつけれません ですが前走はペース、展開ともにかなり恵まれていましたし相手もお世辞にも強いとは言えませんでした あと休み明けというのもどうかと... 勝ちっぷりはよかったものの実力には疑問符が付く感じなので単穴という評価がぴったりですね

△1⑥マイハートビート 津村 55kg

一瞬の切れ味を武器にしている馬でこのコースでは活きると思います

△2⑤トライン 北村友 55kg

前走はスケールのある勝ち方でしたがキャリア1戦のためここが妥当かと

△3⑪フラットレー ルメール 55kg

POG指名馬なのでおまけですね 実力不足だと思います

無印⑮ジャンダルム 武豊 55kg

唯一の重賞ウィナーですがその前走のマイル戦は京都外回りでよく起きるイン付き強襲で評価しづらいです ピンク帽では買いづらいです

無印⑩ルーカス Mデム 55kg

枠連で抑えはしますが一応この扱いです 中山2000が合わないと思うのとアクシデントですね

買い目

ワイド⑧-⑦⑨

枠連4-2,3,4,5,6

よかったら参考にしてください そして よいお年を