【2018】ホープフルS予想

どうも、日曜の有馬記念は何とか枠連をしとめることに成功しました...やはり名馬は信じないといけないんですかね 今年の漢字の北が選ばれた理由にキタサンブラックがあるとかうんたら そういうこと考えたらキタサンは勝ちが約束されていたのかも...

さてと、今年の締めのホープフルSの予想ですね いつもなら有馬で1年の競馬終わったーってなるんですけど今年からホープフルなんですよね いやぁ違和感違和感

では各馬短評から...と言いたいんですが今回のメンツ短評書いても1頭除いてほとんどマイナス材料しか書けなかったのでいきなりですが印から行かせてもらいます 一応なぜこの印を打ったかには理由付けは書くので

◎⑧シャルルマーニュ 戸崎 55kg

この馬は5戦して1勝という成績ですがまだ1回も馬券圏内を外しておらずOP2戦でも2着3着と安定感を見せています 2着のアイビーSでは極悪馬場で2番手追走でそのまま先頭の馬に逃げきられてしまうというものですがこれは勝ち馬が4角でインコースギリギリをはしってロスをなくした形で競馬をしたためその分の差だったと思います それと東スポ杯で勝負根性があるところを見せたのですがアイビーSでは離れた叩き合いになったためそこも影響していたと思います そして前走の東スポ杯は実質的なやや重馬場でハイペースの3番手を追走して何とか3着を死守という形になりましたが1着のワグネリアンにあっという間に差された後(ワグネリアンは別格です)4着のカフジにいったん交わされたのですが差し返してルーカスに差されてもルーカスと差は広げさせませんでした 1800mよりも2000mというのがあっていると思いますし唯一の1勝は小倉コースであげたもの 中山2000mという形態にも不安はありません 

○⑦タイムフライヤー Cデム 55kg

まぁこの記事見ている人はこの馬についてしっかり知っているはずなのでレースについては略させてもらいます この馬の強みは番手からでもいい脚を使えるという安定感です ロックディスタウングレイルには屈していますがそれはこの馬よりも切れ味があったというだけ しかもグレイルに負けた前走に関しては終始目標にされ早め先頭で押し切ろうとしたところでの強襲で悲観する内容はありませんでした しかしこの馬は月1ペースで使われており疲労の蓄積が心配です 急坂の中山、きついコーナー 疲労がたまっているとこの2つを攻略して勝ち切る...まではどうかと思います

▲⑨サンリヴァル 田辺 55kg

前走の芙蓉Sでこのコースを勝っておりまぁ舞台適正には文句がつけれません ですが前走はペース、展開ともにかなり恵まれていましたし相手もお世辞にも強いとは言えませんでした あと休み明けというのもどうかと... 勝ちっぷりはよかったものの実力には疑問符が付く感じなので単穴という評価がぴったりですね

△1⑥マイハートビート 津村 55kg

一瞬の切れ味を武器にしている馬でこのコースでは活きると思います

△2⑤トライン 北村友 55kg

前走はスケールのある勝ち方でしたがキャリア1戦のためここが妥当かと

△3⑪フラットレー ルメール 55kg

POG指名馬なのでおまけですね 実力不足だと思います

無印⑮ジャンダルム 武豊 55kg

唯一の重賞ウィナーですがその前走のマイル戦は京都外回りでよく起きるイン付き強襲で評価しづらいです ピンク帽では買いづらいです

無印⑩ルーカス Mデム 55kg

枠連で抑えはしますが一応この扱いです 中山2000が合わないと思うのとアクシデントですね

買い目

ワイド⑧-⑦⑨

枠連4-2,3,4,5,6

よかったら参考にしてください そして よいお年を