読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<2016>富士S、菊花賞予想

どうも、少しぶりです とりあえず先週は外しまくっていたのでブログはあげてなくてよかったと 

今週はオウケンブルースリが制覇した辺りから当ててない菊花賞と去年はしっかり◎〇で仕留めた富士Sですね まぁ今年のG1は宝塚記念しか当てていなくて少し自信なくしてます まぁそういこともあるので最悪富士Sで当ててトントンくらいで終わりたいです

では富士Sの各馬短評から

ブラックムーン 川田 56kg

OP特別でダノンリバティとタイム差なしの3着(2着テイエムイナズマ)と一応OPではやっていけるであろう馬 前走は余裕たっぷりの差し切り勝ちと準OPでは格が違ったが今回はG3でもかなりレベルの高いメンバー構成で中団~後方にかけてという馬なので有力どころも叩いていることを考えると3着を拾えるかどうかだと思います 

ダノンプラチナ 蛯名 57kg

去年のこのレースの勝ち馬で今年は2戦使って4、3着といまいちだが海外遠征帰りで叩き台でスローペースに飲まれた東京新聞杯と6割の仕上げだった前走だったり言い訳は十分にできる内容 早熟馬疑惑も少しあるが自分はこの時期~5歳にピークを迎える馬だと思っているのでその点での不安は全くないです むしろ不安材料は最近出遅れが多くなっていることです 去年の勝ち時計もそこそこで明らかに東京向きの馬だと思います 今回はまだ余裕ある仕上げですが前走よりは上積みがあると思うので上位進出確実かと思います

ヤングマンパワー 戸崎 57kg

前走は時計がかなり早くG1でも掲示板級かと思わせた内容でした 左回りを使われてる馬なので立ち回り次第で頭まで狙えると思います スローが予想されるので前目でしっかり競馬できるこの馬には展開が明らかに向くので上位2頭に一番食い込む余地がある馬だと思います

イスラボニータ ルメール 58kg

秋はマイル路線に完全スイッチしましたが今年に入ってからいまいちな競馬が続いていて前走の安田記念は3着には入らないと未来はないと思っていたのでG3でメンバー構成がかなり楽になりましたがマイルのモーリス×ムーアに勝てる可能性がある馬が2頭いる中で58kgを背負って休み明けというのはかなりつらいと思います 馬券妙味的にも買いづらいですね

テイエムイナズマ 古川 56kg

今年はかなり使われていてOP特別2勝と久々の重賞タイトルが欲しいところだが1800がおそらくベストなのでメンバーレベルも大きく異なる今回は厳しいと思います 立ち回り次第で3着は十分ありえるとは思います

マイネルアウラート 柴田大知 56kg

前走のカシオペアSで3戦連続本命にした分のリターンをしっかりしてくれた馬 なにより名前が気に入りました() それはともかくこの馬は今年、馬券圏内に入ったマイル戦が1.34台とスローペースでの好走が多い馬 過去のマイル戦のタイムもほとんどが1.34台なのでここがラインかと 東京新聞杯3着の実績があり左回りに良績が多いのは確かだが逃げ馬がどれだけ抑えて逃げるかによるでしょう

フルーキー デムーロ 57kg

久々のマイル戦となりますがそこはおそらく苦にしないと思います 前走はルージュバックに離された形にはなりましたがしっかりと終いを使って2着確保と実力は十分で休み明けとなりますが自在性があるだけにどのような競馬をするのか気になります

ガリバルディ 福永 57kg

前走は素質馬と呼ばれていただけのことはある競馬でしっかり差し切りを決めており今回も左回りの1600mと前走とそこは同じ条件 今回も差しの競馬に徹すると思うが休み明けもあり上位2頭と似た脚質であるこの馬が頭というのは少し考えにくいです 成長次第では頭はありえるが福永がまたインで詰まるビジョンが思い浮かぶのでそこまで推せないです

ミュゼエイリアン 横山典弘 56kg

1年ぶりとなる今回はさすがに荷が重いでしょう

⑩ブラックスピネル 大野 54kg

前走は距離不足が響いた負けだと思うのでそこと同距離と考えると少し買いにくいですね 1800~2000mに出てきたら注目したいです

ロードクエスト 池添 55kg

前走はカフェブリリアント以下を完封しての勝利 今回のライバルは前走で負かしたダノンプラチナになるので前走の内容を考えてもここではしっかり馬券内に来ると思います NHKマイルでは2着と相性もいいコースなのでそこまで不安はないと思います ダノンプラチナ同様モーリスにマイルで勝てる可能性がある馬だと思うのである程度の格好はつけるでしょう

予想

◎②ダノンプラチナ

〇⑪ロードクエスト

▲③ヤングマンパワー

△⑦フルーキー、⑥マイネルアウラート

買い目

ワイド馬連馬単②→⑪

3連複2頭軸②⑪→③⑦⑥①⑧

 

それではメインイベントとなる菊花賞の各馬短評といきます

①カフジプリンス 岩田 57kg

神戸新聞杯では中団からしっかり伸びて4着と格好はつけました 2600mで快勝した経験があるので今回は枠もあり穴人気するでしょうがどうにもローテーションが気に食わないです 1000万快勝した後は菊に直行してほしかったのですがまさか2戦も使うとは...疲労がたまっている可能性もあるのでそこまで推せません

②ジョルジュサンク 幸 57kg

ここ一連の競馬内容からも厳しいでしょう 内枠を活かしてどこまで食い込めるかですね

サトノダイヤモンド ルメール 57kg

前走は着差以上に楽勝でした 叩き良化型という評価もされていますし3000mもルメールから大丈夫とのコメントがありますがスローで流れてキレ&スタミナが問われるとなるとあれ?と思う場面も想像できます 大幅な信頼は寄せれないと思います

④シュペルミエール 北村宏司 57kg

前走は見た目以上の楽勝で関西に滞在しての競馬になりますが短期間に2回の遠征という事態を避けた点で評価したいですね 調教もしっかり動けていますし狙える材料はあると思います

⑤ミライヘノツバサ 藤岡佑介 57kg

札幌で2600mを走りましたが案外だったので3000mとなるとこの馬にとってはかなり厳しいかもしれません

ディーマジェスティ 蛯名 57kg

おそらく現3歳でトップの能力の持ち主 前走は2回他馬と接触するも貫録を見せた見た目以上の快勝で皐月菊の2冠に向けて好調です そのぶつけた影響もないとの話なので2000m付近がベストだと思うこの馬の3000mの適性がどうかでしょう

⑦レッドエルディスト 四位 57kg

前走は後方から足を溜めて上位2頭とは離された形になりましたが3着確保と青葉賞2着馬としては十分な着順をとりました ダービーの時にも書かせていただいたように菊で狙いたい馬なのでこの枠番はとてもいいです 気になる点は後方でしか競馬ができない(?)というところで直線向いたときにはもうバテているという可能性があるというところですね

⑧ミッキーロケット 和田 57kg

前走はサトノダイヤモンドに詰め寄りましたがあれは夏にしっかりと使われてきた順調さがものをいったもので他の有力どころは休み明けと正直人気する馬とは思えません 3000mもほかの馬より適性がないと思うので自分は切ります

イモータル ヴェロン 57kg

新馬戦で32秒台の脚を使って話題になった馬ですが今となってはその影もなく... 2000付近での覚醒が見たいですね とりあえずこの舞台では馬券に絡むイメージが浮かびません

⑩ウムブルフ 浜中 57kg

前走は捲りの競馬をして快勝しました 北海道の2600mから参戦してきた馬ということで最近ではゴールドアクターが思い浮かびます しかしそこまでの馬とは思えず皐月の時もあっさり負けてしまったので馬が変わっているとはいえ少し印象が悪いです

レインボーライン 福永 57kg

今回も人気しないでしょうがかなりの実力を持っている馬 今回は距離が不安と言われていますが正直この馬もベスト距離というものが全くの未知数なのでここでの1発も十分あります なんて言ったってモーリスと僅差の競馬をできる馬なんですから

⑫コスモジャーベ 丹内 57kg

 前走は内からするする伸びて2着で賞金を稼ぐことができず抽選を通って出走となりました 父ソングオブウインドでしっかり地方競馬の時に稼がせてもらったのでこの馬には父同様菊制覇の期待をしてします自分がいます 500万の勝ち方はかなり強い勝ち方で贔屓目なしで3着の可能性は十分だと思います

エアスピネル 武豊 57kg

前走神戸新聞杯サトノダイヤモンドと完全に差をつけられてしまった当馬 3000mは1600mでしていたパフォーマンスを考えると明らか長く今回は正直買う材料は少ないかと 一応ダービーで見せた立ち回りをしたりすると勝つ可能性は十分だと思いますが

⑭アグネスフォルテ 松山 57kg

前走神戸新聞杯では直線早々に1着の可能性はなくなりましたがそれでもしっかり7着には入っているところを見ると力は十分あると思います そもそも前走は明らかこの馬向きの展開ではなかったです 今回はこの馬向きの展開になると思いますし一度使っても上積みも松山騎手が感じているので大穴候補として期待です

⑮サトノエトワール 池添 57kg

前走の内容的にここでは厳しいでしょう

⑯プロディガルサン 田辺 57kg

前走はディーマジェスティをマークしながらの競馬でしたがそれでも全く歯が立ちませんでした 兄リアルスティールはこのレース2着でしたがそれは馬の力があってこそできた2着だと思います この馬はリアルスティールよりは長い距離を走れますが力は劣ると思います 枠的にも厳しいかと

⑰ジュンヴァルカン デムーロ 57kg

三田特別では現オープンのヤマカツライデンをもろともしない圧倒的な完勝劇で力は十分に足りると思います しかし、当初は神戸新聞杯を使う予定だったのにそれを使うことができずに今回ぶっつけになってしまった点、8枠奇数番と割引材料が多い点と2点も致命的な欠点的なものがあるのでここで馬券圏内なら化け物ですね

マウントロブソン 川田 57kg

前走はかなり余裕残しのデキで調教すらまともに動いてなかったのも考えると今回はかなりの上積みが期待できます 皐月ダービーとしっかり走れているので今回も上位進出は可能だと思います

予想

◎⑦レッドエルディスト

〇⑭アグネスフォルテ

▲⑫コスモジャーベ

△⑥ディーマジェスティ

買い目

単複⑦

ワイド⑦→⑭⑫

3連複2頭軸⑦⑥→④⑩⑪⑫⑬⑭