読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<2017>シルクロードS予想

どうも、先週は東海Sに現地にいくということで準備等で記事は書きませんでした 今週から重賞が2つあるときはおすすめ馬の兼ね合いも考えて金曜日、土曜日と1重賞ずつ分けて書きたいと思います ちなみに土曜日上げる方が自信のある重賞となりますがまぁ勝負は時の運なので両方参考にしてくれると嬉しいです

ではタイトル通りシルクロードSの予想からいきましょう なお全馬の短評はG1の時のみとさせていただきます

◎⑦ダンスディレクター・・・去年春は宮記念候補にあがるも脚部不安(だっけ?)があり回避 その後の秋路線では1度も馬券に絡めていないがG2連続4着はここでは抜けている実績 ビッグアーサーにも2度先着しており京都1200mは去年の勝ちっぷりからしても得意なコース ハンデも57.5とそこそこだが58でなかっただけ十分 優勝圏内でしょう

〇⑩ネロ・・・前走は少し早いと思っていたペースを4馬身差の逃げ切り 重馬場が向いたのかは謎だが短距離で4馬身は簡単につけれる着差ではない 去年の重賞成績も安定しておりさらに力をつけたといっても過言ではない しかしハンデ57.5はこの馬にとっては少し見込まれたようにも思えるがJRA様の期待も込められているだろう

▲①ラインスピリット・・・去年OP特別2勝で今年初戦の淀短距離Sでも3着と右肩上がり 前でも中団でも競馬できる脚質の幅もあり1枠1番の好枠 鞍上も乗り慣れておりここで1発穴をあけてもおかしくない 

以下△⑤ソルヴェイグ④ヒルノデイバロー

買い目 

馬連流し⑦→⑩①⑤④

3連複2頭軸⑦10→①⑤④⑨⑫

 

それではおすすめ馬へ 今年は9頭推奨して(4.0.0.5)(単回収率483%複回収率157%)という成績です 謎に好調ですね おすすめ馬は土曜日なのでそこはご注意を

東京9R⑪イーグルフェザー・・・正直1番人気だと思いますが準OPでは明らかに力が違います 前走はレベルがものすごい高くそれでいつも通り出遅れとなってしまいました それでも4着は立派なもので今回はかなりメンバーレベルが落ちます 出遅れる馬なので2倍前半ぐらいまで抜けた人気にはならないと思うのでもちろん買いたい馬ですね

東京10R①トリリオネア・・・こちらも上位人気になりますね 前走は気持ち長い1600mのG1で6着と立派な成績 ここでは明らかに実力が抜けています 未勝利戦の勝ちっぷりも重賞取りを意識させるような勝ち方でした ここでは正直勝ってもらわないと困りますね 負けるとしたらアドマイヤシナイくらいしか考えられません

東京6R④ワイルドダンサー・・・ダートの穴といえば大野という個人的なイメージから この馬自身2勝をしておりこの言い方は今の時期に使うべきではないと思いますが降級馬 他にも同じような降級馬がいますが人気と実力の面を考えて一番おいしくなりそうなのはこの馬なのでこちらを推します

中京10R⑥スーパーモリオン・・・前走はいかにも距離が長い負け方だった 1200mに距離短縮する今回は人気落ちも狙えるのでぜひ注目したい1頭

4頭もあげちゃいました ワイルドダンサーかスーパーモリオンどっちか悩んだ結果両方入れちゃえということになりました

<2017>TCK女王杯予想

どうも、少し時間に空きができたので先週アップロードできなかった分ここで予想したいと思います

特に多く語ることはないのでいきなり印から

◎①マイティティー・・・前走クイーン賞では完敗だが砂が被ったらまず走る気をなくす馬 それでいて砂を被ってしまっての完敗 しかもスタート直後に内の馬によられて思い通りにいかず全く競馬になっていなかった 今回は1枠1番と少し不運だが実力は牝馬の中なら抜けているはず 人気も前回ほどはなく負けるなら大敗、来るなら完勝だと思うので1発狙ってみてもいいと思う ホワイトフーガに勝ってぜひとも最強牝馬になってほしいとの願望も添えている

〇⑨ホワイトフーガ・・・語ることはないかと 現役最強ダート牝馬の称号を手にしている同馬 もちろんここなら好勝負は必至 これ以上は印を落とせない

▲③タイニーダンサー・・・まぁ消去法でこうなった感じの馬 一応前走クイーン賞で2着と連には入っている 今回は少し怪しい面もあるが鞍上の田辺は今年好調でまぁそれを加味したらこの評価かなぁ

以下△⑧リンダリンダ、⑫タマノブリュネット

買い目

馬単1着流し①→⑨③⑧⑫(⑨は厚めに)

馬複①→⑨(元が取れる程度に)

 

2017年各路線の注目馬

年明けに予想しました 各2頭 メモ程度

3歳牝馬クラシック

◎アドマイヤミヤビ

〇リスグラシュー

3歳牡馬クラシック

◎ムーヴザワールド

〇キングズラッシュ

古馬短距離(マイルも)

エアスピネル

ダンスディレクター

古馬中長距離

レインボーライン

アドマイヤダイオウ

※おまけ・ストンライティング

古馬ダート

◎グレンツェント

〇マイティティー

※キングズガードからマイティティーに変更

<2017>京成杯、日経新春杯予想

どうも、昨日は愛知杯の予想は散々でしたがおすすめ馬が2頭1着に入りました(中山7R6番人気コスモボアソルテ、京都9R4番人気オールザゴー)

なんか重賞は調子悪いですがおすすめ馬だけは調子がいいのでそっちだけでも見てやってください

では重賞の予想に参りましょうか 案の定この時間なので印をつけた馬のみ語りたいと思います まずは京成杯から

◎②マイネルスフェーン・・・前走ホープフルS2着とメンバー最上位の実績の持ち主 過去のレースの中でも未勝利戦での大外からの差し切りは印象的でこのメンツでもやってくれるはず 

〇⑪ガンサリュート・・・未勝利戦を勝ち上がったばかりだが2着となった2戦は1着馬がカデナ、リスグラシューと相手が悪くその中で戦ってきたというだけでも十分評価できる 距離に少し不安があるが人気との兼ね合いで考えたら評価を重くしてもいいと思った

▲⑫アサギリジョー・・・前々走でマイネルスフェーンを下していて前走は葉牡丹賞3着で個の中なら十分な成績 特に前走の葉牡丹賞は最後方からの競馬で直線は進路を切り替えながらの走りでコマノインパルスに完敗だったが今回は展開次第で逆転もできるのでこの印

以下△⑭ベストリゾート、⑨アダマンティン

買い目

馬連流し②→⑪⑫⑭⑨(①⑧)

続いて日経新春杯

◎⑩モンドインテロ・・・去年はG2を3回使われて5,4,3着だったがどれも展開がそこまで向いていなかったような気がする 今回はこの馬のベストだと思われる2400mに標準を定めてきた 人気は4歳勢が集めそうなので少し人気落ちをしている同馬を狙っていきたい

〇⑥レッドエルディスト・・・菊花賞では本命にさせていただいたが調教師曰く思ったより成長していなかったという言葉があった それでも前走は流れに乗れないでいてのあの着順なら十分 2400mのG2では2回馬券に絡んでいるので単純にG2なら実績上位 成長の十分にしていると思われるので対抗に

▲⑪ヤマカツライデン・・・前走京都大賞典では完敗してしまったがそれはキタサンに早めに捉えられたという逃げ馬ならではの負け方 今回は強力な同型がいないので逃げ馬にとっては有利 少し斤量が重いというのが本音だがこの評価に収めたい

以下△④シャケトラ、⑧ミッキーロケット

買い目

馬連流し⑩⑥→⑩⑥⑪④⑧

3連単2頭軸マルチ⑩⑥→⑪④⑧

ではおすすめ馬へ(上から自信がある馬となっています)

京都4R①コーカス・・・おそらく1番人気になると思うがこのクラスにいる馬ではないことは明らか 新馬と前走くらいの走りができればここは優勝確実言っても過言ではないはず 距離に少し不安があるがそれは1番枠で福永がいい立ち回りをすれば杞憂に終わるだろう

京都10R⑧アロンザモナ・・・前走は出遅れてさらに大外を回されてしまい完敗 今回は新馬戦で完勝した京都に舞台が戻る 出遅れなければという条件付きだが人気はそこそこに収まるはずなので狙ってみて面白いはず

中山9R⑪キープレイヤー・・・正直言うと3頭目はかなり悩んだのだがこの馬は前走前々走と見せ場なく終わっているが1000万ではそこそこの時計で走れており準OPでも十分やれるはず 大穴なので気軽にみてやってほしい

 

<2017>愛知杯予想

どうも、先週は重賞は散々でしたが一応おすすめ馬にあげてたストンライティングが1着と最低限の仕事はできました(雨だと割引とか言ってたのは忘れてください(笑))

今週は土日両重賞の予想をあげますがまずは土曜の重賞のみで 今週も土日各3頭ずつおすすめ馬にあげたいと思います

まずは重賞(愛知杯)から 今回も時間がこんなのですので印をつけた馬のみについての記述となります

◎⑦プリメラアスール・・・昨夏から急激に力をつけている5歳牝馬 1000万をかなりの好メンバーの中勝っておりエリザベス女王杯もマイペースに持ち込んで5着 今回は人気すると思われるのでマークが厳しくなるがハンデ52kgはかなり恵まれたので複勝圏には来てくれるのではないでしょうか 

〇⑮ダイワドレッサー・・・前走ターコイズSでは最下位に終わってしまったが1600mは明らか短く2000mと条件が好転 昨夏以降重賞で2,3着がありその時のメンツはここと比べるとだいぶ楽になっているので人気がどこまで落ちるか予想できませんが好走圏内でしょう

▲⑪マキシマムドパリ・・・1600万で頭打ちしているが前走の2着はかなり評価できる 去年もこのレースで4着と好走経験があるのも強みだがいかんせん人気してしまうというのと人気ほどの信頼はないと考えてこの評価に

以下△⑤リーサルウェポン、⑥ウインリバティ、⑩シャルール

買い目

ワイド流し⑦→⑮⑪⑤⑥

3連複フォーメーション⑦→⑮⑪→⑮⑪⑤⑥⑩

それでは明日のおすすめ馬へ (上から自信がある馬です)

京都9R④オールザゴー・・・おそらく人気するでしょうが前走は出遅れて全くこの馬の良さを活かすことができませんでした 今回は比較的内目の枠で未勝利戦で見せてくれたようなスタートができれば優勝圏内でしょう

中山9R④ダノンディーヴァ・・・新馬戦、未勝利戦で非常にいいレースセンスを見せており前走は重馬場でこの馬のいいところを活かせませんでした 今回は遠征してまで挑むレースなので仕上げも万全のはず 好走する場面は十分あります

中山7R⑧コスモボアソルテ・・・一度この条件を勝ったことがある今使うにはおかしいとは思うが降級馬 展開任せの脚質だが大崩れすることは少なく今回はメンツに骨っぽいのがいないので十分好走圏内でしょう

今回は人気サイドになってしまいました...

<2017>フェアリーS、シンザン記念予想

新年あけましておめでとうございます!

そしてどうもお久しぶりです、去年はブログに書いた買い目はほぼすべて外れるという...(最後に的中の買い目を発表したのが関屋記念という)

まぁそんなことも切り替えていきます 一応私は有馬記念(3連複3連単)と京都金杯馬単)当ててますが平場でおじゃんにしてしまいましたw

ではまずはフェアリーSからいきます 今回のブログはこんな時間というのもあり急ぎ足で書くので印をつけた馬の短評的な物を書くだけで

◎③アエロリット・・・新馬戦でギアの違いを見せつけ一躍オークス候補に躍り出るも前走は惜しくもハナ差後方からの強襲にあい差されてしまいましたが同じコースでいったん抜け出したという事実は評価しておきたいところ また内枠も引けているので横山ノリ騎手が変なことしない限りはそれを活かした立ち回りができると思うので1番人気になるでしょうが本命に

〇②ツヅク・・・新馬戦はうまくスローに落としての勝利だったがそれでも素質馬オールザゴーに差されなかったのはこのメンバーなら評価できる 前走は相手が強すぎたがスローに落とせたこともあり直線半ばまでは先頭だったことも評価したい

▲⑯キャスパリーグ・・・近走2着続きだがいろいろな要因が重なってのことなので重賞でもやれると思う しかし大外枠を引いてしまったのがこの馬の運なのだろうか とりあえず中山マイルの外枠は不利ということで評価を下げた

以下①コーラルプリンセス、⑦キュイキュイ、⑪メローブリーズ

買い目

馬単流し③→②、⑯、①、⑦、⑪

 

そして次はシンザン記念

◎⑮コウソクストレート・・・前走はG2で4着だったがその1、2着馬は2歳G1でしっかり馬券に絡んでおり3着馬もジュニアカップで放馬のアクシデントがありながらも2着確保と相手が強かった 前走は出遅れてしまったが今回は鞍上ルメールでスタートは大丈夫なはず 距離に不安があるので勝ち切るとまではいえないが3着内率なら1番高いと思い軸としての本命

〇⑤ペルシアンナイト・・・前走は1頭格が違う走りで完勝 前々走も散々言われている通りG1馬の2着で同じ上りが使えているのでG3の今回でもいい脚を使えるはず 出遅れだけが怖いので一つ評価を下げての2番手

▲⑩マイスタイル・・・新馬戦ではミリッサの外を回ってくるもミリッサと逃げ馬を捉え切れずに3着だったが走りはそうそうたるもの、未勝利戦では2着以下を子ども扱いしており格が違ったという印象 G3でも十分やれるはずなので3番手

買い目

ワイド流し⑮→⑤⑩

3連単を買うならフォーメーション ⑮⑤⑩→⑮⑤⑩⑦→⑮⑤⑩⑦⑭)

 

以上の予想です よかったら参考にしてください

 

そして久々におすすめの馬を紹介したいと思います(穴っぽい馬だと思うのでよければ馬券の紐にでも足してあげてください)

京都8R⑭フロレットアレー・・・前走は大敗してしまったがそれまで4戦連続で馬券圏内に入っておりその疲労の蓄積での大敗と思っている 今回間隔をあけての出走を+にみたい

京都12R⑤ストンライティング・・・この馬は軽めの芝で結果を残しているので雨が降ったら割り引きだが開幕週の京都の馬場はもってこいの馬 前走も1頭脚の違いを見せての完勝 昇級だがほかの昇級馬ショパンが人気すると思うので同じ昇級馬ならこっちを重く見たい

あともう1頭推すなら上記2頭よりは信頼度は落ちるが京都7R⑮アルマレイモミは前々走は500万よりも早い時計で未勝利勝ちをしていて前走はいかにも休み明けが堪えたイメージ 叩き2戦目の今回は見直してみたい

<2016>JCデータ予想

どうも、先週は東スポ杯の予想をして馬連の軸が3着と何とも言えない結果になってしまいした マイルCSの方は全く分からなかったので予想を書きませんでしたが全くの検討はずれだったのでよかったかと

ではJCの予想に参りましょう

今回はデータを少し使った買い方をしたいと思います(データ上で勝つ馬を予想します、複勝圏とかはそんなに気にしません)

1.海外からの参戦馬は過去10年で1頭しか馬券に絡んでいない(3着)

2.過去10年前走G1ではなかった馬は過去10年で1頭しか馬券に絡んでいない(スクリーンヒーロー1着)

これで残るのは②ビッシュ④ルージュバックディーマジェスティレインボーラインリアルスティール と5頭 これ以上絞ると

3.関東のジョッキーは過去10年(0.1.1.40)

4.関東馬は過去10年(1.0.2.27)

5.天皇賞6番人気以下は過去10年(0.2.2.30)

6.天皇賞7着以下は過去10年(0.1.2.26)

と絞っていって残ったのは⑭レインボーライン

そしてその結果印は

◎③ゴールドアクター

〇⑭レインボーライン

▲②ビッシュ

△⑨ディーマジェスティ

買い目は

馬連ワイド③→⑭②⑨

単勝

皆さんこの印を見て言いたいことは山ほどあるでしょうがゴールドアクターはデータを覆すことのできるだけのことがあると思うんです(以下言い訳など)

まず前走G1以外で過去10年唯一馬券に絡んだスクリーンヒーローを父に持っているので実質データ1は無視できます(データの意味とは)

そして関東所属Jという点で吉田隼人騎手が該当しますが吉田隼人騎手はまだJCで騎乗経験がないためデータがありません つまり大まかにくくれば来ないかもしれませんが個人を見れば計り知れない可能性を持っています

そして最後にデータに該当した関東馬という点ですが一応1勝してますからね しかもそれはスクリーンヒーローですからその仔なら勝てるかもしれないです

ということを踏まえて本命はゴールドアクターです 他はリアルスティールだと妙味が全くないのと距離に不安があるのでデータが少なく、途中まではデータに合致していた3歳馬達で固めました

それとキタサンブラックですが36回ということでの過剰人気や東京優駿がいくら展開が向かなかったとはいえ見せ場が一切なかったのを加味しての無印でもあります

(過去で一番ひどい記事だったかもしれませんが予想はいたって真面目です)